読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々自適な日々を目指す

波音に抱かれながら眠りにつくような生活を夢見るブログ

「キリ番制度」を思い出した件

創作

「キリ番制度」ってご存知ですか?
主に創作系サイトで流行っていたシステムですが、今はほとんど見かけなくなりました。
懐かしいな〜。
私もサイト運営していた時は、周りの流れに従って設定してました。


Photo by 写真AC

どんなシステム?

※創作サイトでよく見た例

アクセスカウンターが「1000」「1111」など、キリのいい番号を踏んだ時に好きな設定で作品を書いて(描いて)もらえるというもの。
自分もサイトを運営していれば、記念にその作品をもらえて掲載も可能。
「キリ番踏みました」の報告だけもOK、なサイトもありました。

書いて(描いて)もらえるのは嬉しいけど

今考えるとあれって通い続けている、あるいは常連さんだけが得をするシステムですよね……。

というのも、たまたま立ち寄ったサイトでキリ番を踏んでしまって、さらにやっかいなローカルルール「踏み逃げ禁止」があったものだから、リクエストせざるを得なかった過去がありまして(ノ∀`)

そのローカルルールがないサイトでは、「すみません……」と心の中で謝りながらそっと立ち去ったこともあります。
いきなり「リクエストいいよ!」と言われても戸惑いますよね……。

運営側からすると、嬉しいのもわかる

あくまで私論ですが。

創作している側からすると、訪問者から少しでも反応があると嬉しいんですよね。
もちろん何でもいいというわけではありませんが、反応ってもらえないのが基本みたいなものだから、負の感情がすこしずーつ侵食していき、そして闇への扉が……(ry

だから「キリ番踏みました!」の報告だけでもあると、「ああ、ちゃんと見てもらえてるんだ」とひとときのやすらぎを得られるんですね。
それらを糧に、リクエスト創作も頑張っちゃうし、更新も頑張れちゃうわけです。

感想をもらうために創作しているわけではないですが、まだそこまでストイックになりきれない弱い心w

それでもやっぱりメリットの少ないシステム

初見さんは言わずもがな、通い続けている人でもリクエストしたいとは限らないでしょうし、プレゼントはプレゼントでも押し付けがましい感は否めないですよね。

そして管理者側としては、あまり時間をかけずに更新できる人向けだと思います。
リクエスト受付リストが溜まったまま、通常の更新自体が止まっているサイトをよく見かけました。……私も放置プレイしてしまったことが実はあります←

まとめ

今は個人サイト自体が廃れているので、こういったサイト特有の流行ってもう作られないんだろうな……とちょっと物悲しくもあります。
それか、私が知らないだけで実は何かあるのかも知れないですね。

でも「踏み逃げ禁止」なんていうようなルールは勘弁願いたいですね(ノ∀`)

いろいろあったからなぁ……ダミーエンターとか右クリ禁止とか。
これらのワードにピンときた方は、僕と握手!w

 

お題「プレゼント」