悠々自適な日々を目指す

波音に抱かれながら眠りにつくような生活を夢見るブログ

初めての北海道旅行レポその3:小樽運河の日の出を拝み、運河を一周する

以下の記事の続きです。

前回も閲覧、スターをありがとうございました(*´ェ`*)

レポその2で書いた通り、この日は「日の出」からスタートです。
朝4時に起床ですw


うわー! 真正面ですよ! 眠気も(若干だけど)吹き飛びます。


カメラの設定をいじって、壮大な感じに。


あるいは、夕暮れのような雰囲気。


10分も立たないうちに、太陽の位置がこんなに高くなりました。

こんなに日の出を堪能できるなんてそうそうないので、教えてくださった従業員の方マジ感謝! でした。

でもやっぱり眠気には勝てず、ここで力尽きましたw


朝食後は、すっかり青空が広がっていました。

 

宿をあとにして、「小樽運河クルーズ」に向かいます。

otaru.cc

お値段は、それぞれ以下のようになっています。

*日没前:1,500円
*日没後:1,800円

席は(クルーの方が案内してはくれますが)ほぼ先着順なので、時間帯にもよりますが15分くらい前には並んでおくとよいかと思います。

コースマップは以下に掲載されています。

小樽運河クルーズご案内 | 小樽運河クルーズ


いよいよスタートです!
運行中は、クルーの方が小樽の歴史や見どころをたくさん教えてくださいます。

印象に残っているのは、小樽の人口です。ピーク時に20万人だったのが、現在は12万人ほどまで減ってしまったとのこと。
みんな札幌とかに行ってしまうんですかねぇ。


写真スポットの橋の手前でUターンをします。今日もお客さんがいっぱい。


蔦もいっぱいw


発着場を通り過ぎ、橋をくぐり抜け、港の方に向かいます。


なかなかない体験! こういうのはやっぱりワクワクしますね(ノ´∀`*)


運河沿いには、ウミネコがたくさんいました。


ちょうど子育ての時期らしく、こうして卵を温めている姿も。


多分ウミネコ×4羽。
多分と書いたのは、カモメもところどころで混じっていたからです。
クルーの方による簡単な見分け方は、

*足が黄色=ウミネコ
*足がピンク=カモメ

とのこと。

クチバシの先っちょが黒い or 黄一色なのも見合けポイントだったかな?


黒い、というか赤も混じってますが、この場合はウミネコですね。


港キタ――(゚∀゚)――!!


少し視点が変われば、見渡すかぎりの大海原、視界の先には山……。
前日よりも雲が多いですが、それがまたいい景色を作り出しています。


「海上保安庁」の文字が。


どん、とした構えです。


港を過ぎて、再び小樽市内へと視界が移ります。今度は北運河方面へ。


この子たちはカモメだと思います。本当に見た目がウミネコと近くて、鳥シロウトにはわかりまてんw


なかなか見かけないデザインの建物。


人力車が走っていました。


天狗山、かな? 冬にはスキー場になると言っていたので、多分そうだと思います。


北海製罐の工場です。大正〜昭和にかけて建てられ、右側にちょこっと写っているエレベーターなど、当時は大変珍しかったとか。


お金持ちの倉庫、だそうですw


ウミネコ、鳴く。

ここで終了です。1時間弱のクルーズでした。
風がとても心地よく、いろいろ貴重な話も聞けて、大満足の時間でした♪


おまけの昼食写真。チーズフォンデュめっちゃくちゃ美味でした!

この日は他に観光したところがありますが、また写真が膨大なので次回に。

ということで、続く!