読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々自適な日々を目指す

波音に抱かれながら眠りにつくような生活を夢見るブログ

【音楽の日】弟なKinKiだからこそできたんだと思いました

二人が生放送でああいうことするの、よくよく考えるととても珍しいよねと改めて思って、そこからいろいろぶわーっと極まってしまったのでとりあえず書き出してみました。

感情のままに書き連ねてしまったので、どこかおかしかったらすみませんw

そしてKinKi20周年おめでとう! で、単純な私は若干お熱状態にあるようで、ここ数日KinKiばかりの記事ですがお許し下さい(ノ∀`)

歌前トークの時点で、すでに嬉しそうな二人

「(剛さん)服をよくいただいたけど、デザインが奇抜」
「(光一さん)タクシー代を気前よく出してくれたと思ったら5000円。さらにはちょっと前に食事したらタクシー呼べって尻蹴られた」

なんて中居さんを楽しそうにいじるやんちゃKinKiw
そんな二人に突っ込む中居さんも、どことなく嬉しそう。

ジェットコースター・ロマンスを歌っている時に、中居さんのもとへ向かう二人

先陣を切ったのは光一さん。
中居さんが「なんだよ〜も〜」と言いたげな顔(でもどこか嬉しそう)をしているにも構わずにこにこしながら歌い続けて、でも光一さんらしく頭を下げて戻ろうとしたら、今度は剛さんも来襲。

再び「なんだよ〜」な中居さんをサンドイッチにして歌い続け、最終的に、中居さんへマイクを振った光一さんがやっさしい張り手を食らったのをきっかけに元の位置へと戻って行きました。

二人は本当にSMAPが大好き

KinKiを昔から知っていますが、二人がSMAPの番組に出ていたのをリアルタイムでは観たことがなく、ここ数年で「SMAPの皆さんには本当にお世話になった」というのを知った身です。

それだけでなく「兄のような存在」だというのを感じたのは、スマスマに二人が出た時ですね。
二人が話をしている時、みんなニコニコしながら、優しい目をしながら聞いていて。

先輩といえばマッチさんや東山さんなども該当しますが、その方達と接する時と違って、二人はまるで大好きな兄を前にした弟のようになるんですね。

そういう二人を今まで見たことがなかったので、こんな一面もあるのか……とほんわかした気持ちになりました。

だからこそ、二人は中居さんのもとへ向かったのではないか

同じ事務所だし、兄のように慕っている先輩だし、SMAPファンの方々のいろいろな思いを、強く感じていると思います。
何が本当で嘘なのかネット上に溢れる情報だけで当然判断はできませんが、二人が心から「SMAP兄さん達」を案じているのは確かなはず。

だからあのような、普段ならしないような行動に出た。
KinKiにしかできなかった行動だと、私は思っています。

安住さんの「仲いいですね」コメントに、なんだかじんわりしてしまいました。 

まとまってないけどまとめ

とりあえず、「またKinKiとSMAP共演してくれ!」っていうことだけ言わせてくださいw
楽しそうに兄弟する姿を、また拝みたいです(`・ω・´)