読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々自適な日々を目指す

波音に抱かれながら眠りにつくような生活を夢見るブログ

【ハイキング】高尾山へ、二度目の登頂

7月に「高尾山」に行ってきました。
ルートのログを取っていたんですが、高尾山口駅から「S」地点までのルートがすっぽり抜けております……。

高尾山にはいろんな登山ルートがあります。
過去に一度訪れておりまして、その時は

行き:山麓駅からエコーリフト→山上駅→1号路→山頂
帰り:山頂→4号路→1号路に合流→山上駅からエコーリフト→山麓駅

というルートを通りました。

今回は「もう少しステップアップしてみるか!」と意気込んで、

6号路→山頂→1号路(ケーブルカー、リフトは使わない)

のルートで行きました。……の予定でした。


入口は立派な柱が「どん!」と立っています。


雨続きだったのですが、この辺りは意外と柔らかくはなっていませんでした。


途中で琵琶滝へ寄り道。この看板の手前に、分岐点があります。
……これが、後の間違いに繋がるとは思いもしなかったのです……。


琵琶滝です。結構ほっそい滝です。

で、ここにお堂もありまして、お参りをすませ……
その脇に、階段がありました。当然のように素直に進む私。


お堂の屋根に何やらかわいい鳥が! ……と、呑気に写真を撮る。


道がだんだんと険しく……。さすが、登山道っぽいと評判の6号路だぜ!


本当にしんどくなってきたので、この標識の近くで一旦休憩。奥にも道が見えました。


もう必死です。すっごい道が急なんです。途中何度も休憩を挟みました。
この時はトレッキングポールもサポータータイツもない状態なので、足がガクガク。


足場もごっつごつ。


……あれ? 6号路って他のルートと合流したっけな? 確かなかったはず……。
とりあえず2号路を選択します。


急に平坦だらけの道になったので、全く疲労度が違いました。すいすい進める。
周りも静かで、心が落ち着きます。


で、ここの標識を見て……愕然。

い、今まで6号路だと信じていたあのきっつい道は、実は違っていたんだ……
「琵琶滝遊歩道」という、上級者向けのコースだったんだ!

6号路を行く場合は、「琵琶滝」の看板のところまで戻り、分岐点を左に進む必要がある。

参考に、正しい6号路のルートはこちら↓

高尾山6号路ハイキングコース

マップを見る癖をちゃんとつけなさい、といういい教訓になりました……。

そんなわけで、今度は3号路を黙々と進みます。


道幅が狭いです。途中何度か人とすれ違いましたが、本当にギリギリ。


可愛い花(^^)


木の根がせり出していて、ちょっと危険。


うっかりすると、段差のすごい根っこに足を引っ掛けそうですw


すずらんの咲く前みたいな花がポツポツ咲いていました。


山頂へ続く道に合流するまでのラストスパートは、こんな階段の目白押し。
上級者コース並にきつかったです。。


山頂についたー! けど、見事な曇り空w
でも曇りだと、涼しいから休憩しやすいし、快晴時に比べて疲労の感じ方も違いますよね。

ちなみに混み具合は、前回訪れた時より少なめではあったものの、相変わらず山頂とは思えない多さでした。 

休憩の後は、1号路(表参道)を進んでいきます。
今までの登山気分が、一気に観光気分へと染まっていきます。


咲いているのか、散ったあとなのか。


葉のうえで、蝶が羽休め中。


虫なのか枯れ葉なのか判断ができませんでしたが、珍しいなと思ったので撮影。


途中の薬王院でおみくじ引きました。天然石好きなんで、つい手が……w


ローズクォーツでした。色が可愛いですよね(*´∀`*)
ちなみにおみくじは大吉でした。めでたい。


まだあじさいが綺麗に咲いている箇所もありました。


ハート型の葉っぱが密集してました。


1号路後半(ケーブルカー等でショートカットできる道)に備え、途中にある「十一丁目茶屋」でお団子セットを食べました。
疲れた身体に甘いものがしみる……。そして草団子とあんこの組み合わせってなんでこんなに素敵なの。


おおっ、ここは……!

前回訪れた時に初めて知ったお店です。
1枚の色紙に、この方のインスピレーションで、自分の名前とアドバイスみたいなのを書いていただけるんです。


その時の色紙です。なんというか、とても納得感のある言葉というか、じんわり心にしみるような感覚でした。
ちなみに「モヤさま」でも取り上げられたそうですw

ご興味のある方はこちらをどうぞ↓

twitter.com


さて、ここからが後半の本番ですね……。


急坂、下り、アスファルト。
この3コンボで、私の膝が徐々に悲鳴を上げていきます……。


こんなに鳥がいるんですね。私が琵琶滝のところで見た、しっぽの付け根の部分が黄色い鳥の正体はわからずじまいでした。


ここで左に行くかかなり迷ったんですが、無理はせず右(高尾山口駅)に行くことにしました。


東京都とは思えないくらい、本当に緑豊かです。


こういう場所でちょこちょこ遭遇する赤い実です。


着いた! 出入り口に着いた!

途中、元々具合がよろしくない右膝が痛くなってきてしまい、ベンチで休憩してモミモミしまくってました。
自然の道がどれだけ足に優しいか、この時ほど痛感したことはありません。

  • 1号路の途中までは素直にケーブルカーかリフト使ったほうがいいかも!
  • 地図はちゃんと、納得いくまで確認しよう!
  • 上級者コースにうっかり迷わないよう注意だ!

という、(多分)大事な教訓を得られた登山でございました。

高尾山は観光地並に多い客が(人によっては)難点かもですが、何度でも楽しめたり山登りのトレーニングにも最適な山だと思います。

次は稲荷山コースと、今度こそ6号路を通ってみたいですw