読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々自適な日々を目指す

波音に抱かれながら眠りにつくような生活を夢見るブログ

PCのファイル整理をしていたら、隠しページのサンプルサイトが出てきた


Photo by ぱくたそ

だいぶ昔に作ったみたいで……。

隠しページ探し・サンプル

せっかくなのでウェブ上にアップしてみました。(隠しページを見つける手段な意味で)PC専用ですが、気になる&懐かしんでチャレンジしてみたい方はぜひどうぞ。
ちなみにサンプルページだけでなく、トップページにもリンクを隠してありますよ。

右クリック禁止ページは、隠しとは全く関係ないのになぜか作ってあったので、そのまま残しておきました。

しっかし、なんでこんなサイト作ったんだろ……。

隠しページってなんぞや?

あまり馴染みのない方へ。

要は「堂々とリンクを貼りたくない、見たい人だけ見てくださいなページ」のことです。
中身はいろいろです。えろい作品だったり本音をさらけ出しまくった日記だったりメインの取扱コンテンツとは全く関係ないものだったり。

(私がそういうところばっかり行ってたせいもありますが)特に二次元同人サイトでしょっちゅう見ました。個人サイトがまだ全盛期だった頃の話です。
ほんと懐かしい……。

どうやって隠しページに辿り着くのか

これはもう、本当にいろーんな隠し方がございまして……。
それを(覚えている限り)まとめたのが、最初に紹介したサンプルサイトなわけですw

その1:サイトアドレスを割り出すための問題を解く・暗号を解読するタイプ

例:http://ほげほげ.com/◯◯.html
↑◯◯に入るアルファベット4文字を答えよ。問題 or 暗号はこちら!

みたいな感じです。

問題は、サイトによっては数学の問題を出してきたり、パズルを解かせたりするクオリティの高いものもありました。
暗号は、キーボードの配置を使ったり、いろは歌のような規則性のある文字の並びを使ったりと、これも相当考え込まれていました。

その2:一見何もないようなところに隠すタイプ

ある意味一番「隠しページ」っぽい隠し方ですね!

例:隠し文字だよ〜。ハハッ
↑ここに文字が隠れていますよ〜。ドラッグしてみてね。

こんな風に背景と文字色を一緒にしてみたり、ソース(右クリックメニューにあります)上にアドレスを隠したり。
この隠し方も、人によってはかなり巧妙なやり方をしていました。
例えば「トップページのどこかに」と場所が限定されていればいいのですが、サイト全体に隠されていた日には……。

探すだけで1時間経過とかザラでした←必死すぎ

その3:ダミーリンクを仕込ませるタイプ

このリンクも曲者で、ぱっと見ただけでは普通のテキストと見分けがつかないんですね。

例:当ブログにお越しいただきましてまことにありがとうざいます!
↑ダミーリンク含め、2つありましたがわかりましたか?
(正解は当ブログのトップページ、ダミーはGoogleトップにしてあります)

ちっと技術的な話をすると、スタイルシートを設定して見分けがつかないようにしています。
これは少し知恵があれば見つけやすい部類に入りますね。
ただ、大量にリンクがあったら面倒以外ないですがw

その4:ダミーリンクの画像Verタイプ

これは実際にサンプルサイトを見ていただいた方がわかりやすいです。

かくしかたその4―さんぷるさいと

画像は一応星空なのですが、それが画面いっぱいに広がっていますね。
この中にリンクを貼ったテキストが紛れ込んでいます。ダミーもあり。

これは画像が画像なだけに、正攻法で見つけるとかなーり苦戦します。

まとめ:隠しページはロマンである

あれですよ、この先立入禁止! と書かれていたら行きたくなる心理ですよ。

だんだん「隠しページの内容が知りたい」ではなくて「隠しページを発見したい」に目的がすり替わっていくんですけど別にいいのさ! って気になりますマジで。

ぶっちゃけ、手間暇かけて探した割には……ってものもありました。
でも、ものすごーく満足感・達成感があるんですよ。
こう、ついにお宝を見つけ出してやったぜ! っていう海賊気分を味わえるんですよ(?)

今は個人サイトが廃れつつあるので、こういう文化も下火になっちゃったのが寂しい限り。
でも隠しページ探しにハマりたい! というあなた、安心してください。体験できるサイト、ありますよ。

> 隠しページ探し
だいぶ古いサイトですが遊べます。

> 隠しページ探しゲームの総合リンク集
こちらはまだ更新が続いています! 初心者向けの練習問題ページもあってとっても親切。

ハマる人は結構ハマるので、ぜひやってみてくださいね♪
個人的に、脱出ゲームが好きな人は絶対ハマると思いますw