悠々自適な日々を目指す

波音に抱かれながら眠りにつくような生活を夢見るブログ

【お知らせ】
現在、各記事のアドレスを修正したりしています。
特に検索からいらした方は、404エラーが出たりしますが、ご了承くださいませ。
大変申し訳ございません。。

おすすめ記事にまとめている場合もありますので、よろしければご覧ください。

mineo dプラン+0sim→DMMモバイルシェアプラン(1GB)に乗り換えました


Photo by Pixabay

最初は、より携帯通信料を安くするために見直ししていたんですが、終わってみるとあまり変化はありませんでしたw

でも、2枚のSIMをシェアして1GB・2,000円以下はかなり安い方ではないでしょうか。

そんなわけで、DMMモバイルに決定するまで悩みまくった内容を以下にまとめていきたいと思います。

記載している料金には、ユニバーサルサービス料を含めていません。
基本的に税込価格で計算しています。
音声付きSIMでMNP転入を行う場合の手数料は、計算に含めていません。

今までの月額料金とこれからの月額料金

■before月額料金
メイン:mineo dプラン500MB・音声付き
サブ:0sim・SMS付き

mineo月額:1,512円
0sim月額:151円(SMS利用料のみ)
合計:1,663円

■after月額料金
メイン・サブともにDMMモバイル1GBプランのシェア(音声1枚・SMSなしデータ1枚)コース。

1GBシェアプラン基本料:1,360円 SIM追加料:324円
合計:1,684円

mineo Dプラン、0simをやめた理由

mineo Dプランは若干割高に感じる

mineoはお昼を除くと極端に速度が遅いという場面が少なく安定していて、フリータンクやマイネ王など面白い施策もある……なのですが、Dプランはちょっと割高に感じてしまいます。

音声付き500MBプランの料金を他のサービスと比べてみると、最安値はイオンモバイルの1,220円(税込)です。
310円の差は大きいです。

(DMMモバイルもですが)1GBプランですら、mineoの500MBプランより安いです。

ちなみにDMMモバイルの速度ですが、ウェブ上にあるスピードテスト結果の比較記事を読んでみる限り、ネットもまともに見れないほど遅いということだけはなさそうです。

0simは遅すぎて、サブとしての役目も果たせない

2016年11月頃に申し込みしたときは、「まあ遅い」ぐらいの認識でした。

しかし、特に今年に入ってからGoogleマップもまともに開けないほど遅く、ネットを使いたいときはわざわざメイン端末でテザリングをしてからやっていました。

全く意味ない……。

セルスタンバイ問題回避のためにSMS付きで契約したんですが、付けなければよかったと後悔しました。。

0simがひどい速度でなければ、DMMモバイル or イオンモバイル+0simの組み合わせで、とても安く運用できたんですけどね……。

シェアコース(SIM2枚)だと、DMMモバイルが一番安い

  • 自宅ではWi-Fi利用
  • 外出時はゲームやネットを少し触る程度
  • サブ端末は旅行やアウトドア活動のときにしか使わない

このような使い方だと、基本的に月1〜2GBあれば問題ありません。

最終的にエキサイトモバイルと2択で悩みました。
それでもDMMモバイルに軍配が上がったのは、2017年4月から1〜7GBでもシェアコースを利用できるようになっていたからです。
⇒DMM mobileより 1GB~7GBシェアプラン 提供開始のお知らせ : プレスリリース|DMM.com Group

月1GBのシェアコース(1枚目音声・2枚目SMSなしデータ)で月額料金を試算してみましょう。

■DMMモバイル
⇒簡単料金シミュレーション - DMM mobile

  • 音声SIM1枚+データSIM1枚のプラン
  • 1〜7GBコースは、SIM1枚追加につき月額324円かかる1

月額:1,360円+324円=1,684円

■エキサイトモバイル
⇒料金比較シミュレーター | 自分にも家族にもぴったりの格安SIMならエキサイトモバイル

  • 音声SIM1枚+データSIM2枚の最適料金プラン2
  • SIM3枚までは、SIM追加による月額料金の変化はない3

月額:2,030円
ちなみに、最低容量の100MBの場合は1,890円

324円のSIM追加料金があっても、DMMモバイルの方が安いですね。
もし3枚必要なら、またちょっと変わってくるかもしれません。

DMMモバイルでシェアコースを新規契約する際の注意点

いきなり1〜7GBシェアコースの申し込みはできない

新規契約の場合、なぜか8GBより下の容量でシェアコースは申し込みできません
以下の方法でないと無理なようです。

■方法1:シングルコースで申し込み、あとからSIM追加の手続きをする
※追加SIM発行手数料として3,240円かかります。

■方法2:シェアコース8GBで申し込み、あとから容量の変更をする
※最初の月のみ、月額2,894円かかります。

それぞれで、初月にかかる費用を試算してみました。
申し込みには、Amazonで売っているエントリーパッケージを使うものとします。

■方法1の初月費用

  • 新規契約手数料:540円
    (パッケージを使わない場合は3,240円)
  • 1GB音声SIMコースの月額料金:1,360円
  • 追加SIM発行手数料:3,240円
  • 追加SIM月額料金:324円
    (申し込みした月からかかるものと想定)

合計:5,464円

■方法2の初月費用

  • 新規契約手数料:540円
    (パッケージを使わない場合は3,240円)
  • 8GB音声+データSIMコースの月額料金:2,894円

合計:3,434円

「方法2」のほうが安上がりです。
※追記(2017年5月20日):
最初「方法1」のほうが安上がりと書いていましたが、「方法2」の新規契約手数料をパッケージ使用金額で計算していなかったので修正しました。

ちなみに、エントリーパッケージはSIM追加には使えませんのでご注意ください
⇒DMM mobileのパッケージ商品を利用する場合の注意点はありますか? モバイル/格安スマホ DMMヘルプ

SIMはまとめて送付ではなく、バラバラに来る

私はMNPで契約しましたが、先に届いたのは音声SIMでした。
土日を挟んで4日後に、データSIMも届きました。

*音声SIM:申し込み手続きをしてから4日後に受け取り
*データSIM:音声SIMが届いてから4日後に受け取り

MNPの有無やSIMの種類によって若干変わるかも知れませんが、すべてのSIMが手元に届くまで一週間は見ておいたほうがよさそうです

まとめ

DMMモバイル 通話SIMプラン 1GB

Amazon限定エントリーパッケージで、初期費用を安く抑えられるのは本当にありがたいですね。
私のように、「ときどきSIM2枚使いたいけど容量そんなにいらない……」という方はぜひ検討してみてください(^o^)


  1. 8GB以上はかからない

  2. シェアコースは最低3枚から。契約後に減らすことは可能。使ったデータ容量に応じて料金が変わる。

  3. 4枚目からは、1枚390円(税抜)がかかる