悠々自適な日々を目指す

波音に抱かれながら眠りにつくような生活を夢見るブログ

【お知らせ】
アウトドア系記事(旅行・登山・ウォーキング)は以下のブログに移行しました。
> 移行先ブログ:登山・お散歩・ハイキングログ
今後は、以上のブログで更新を続けていきます。よろしくお願い致します。

下手な絵でもクリック一発で修正! AutoDrawで「なんということでしょう」体験をしよう

私のように絵が苦手でド下手な出来でも、クリック一発できれいに修正して仕上げてくれる。

絵を描くのが苦手な人間にとって、まさに魔法にも似た体験を……なんと、常日頃お世話になっているGoogle先生が提供してくれました。

まさに「なんということでしょう」体験

まずは結果をご覧ください。


マウス描きであることを差し引いても、へこむような出来のイラストでも……


AutoDraw先生の手にかかれば、クリック一発、1秒で修正してくれます。

すごくないですか? 私はかなり感動しました。


開いた本の絵ですら、どことなく微妙な出来なのに……


先生は、「全くしょうがないですね」と呆れ顔をしながら、頭の中を覗き込んだように修正してくれます。


修正してくださった絵に、自分なりのオリジナリティを加えることももちろん可能です。

操作はとってもシンプルです

サイトにアクセスして、「Start Drawing」をクリックすると始まります。
AutoDraw


私もそこまでいじくり倒せていませんが、Windowsのペイント以上にシンプルです。


とりあえず何か描いてみると、キャンパスの上にこんなものが表示されます。
AutoDraw的「もしかして:◯◯」候補がずらっと並びますので、「私はこれが描きたかったんだ!」を選びましょう。


「なんということでしょう」体験ができました。


絵は移動させることも、サイズを変更することもできます。


色を塗ったり、枠の色を変更したりもできます。

*絵の変更前:枠の色の変更のみ
*絵の変更後:枠の色の変更、色塗り

まとめ

描いた絵は、png形式で保存したり、Twitter・Facebook・Google+にシェアできます。

Twitterなどのアイコン作成から、ブログでの使用など、絵が苦手な人の夢が広がりそうです。
私も本当に苦手な人間なので、ブログで使えそうな場面が出てきたら使ってみようかな? と思っています。

しかしなにより、へんてこな絵をきれいに置き換えてくれるのがただただ楽しいですw

参考サイト:
GoogleのAutoDrawはAIを使って落書きをプロの絵に変えてくれる | TechCrunch Japan