買ったもの

バッグ2個持ちスタイルは正義! ミニショルダー+リュック or トートバッグなどなど

2017年3月23日

※アフィリエイト広告を使用しています

通勤でもお出かけでも、ここ数年、ずっとバッグ2個持ちスタイルを続けています。
おしゃれより実用性重視ですが、この便利さに慣れると1個持ち状態には戻れません。

スポンサーリンク

バッグ2個持ちの利点

  • よく使う物(スマホ・財布・ハンカチなど)にアクセスしやすい
  • (肩掛けバッグの場合)片方の肩にかかる負担を減らせる

1番目の理由が特にでかいです。
おかげで物を取り出す時にあわあわしなくなりましたし、「あれどこいったっけー」と迷子探しすることも減りました
リュックを使っている場合ほど、ありがたみを実感できるのではないでしょうか。

また、ひとつのバッグに物を集中させていると、当たり前ですが片方だけに重圧がかかってしまい、肉体だけでなく精神的な負担もぐっと増えてしまいます。
サブバッグによく使う物だけでも振り分けておけば、メインバッグが肩掛けタイプの場合、リュックを背負っている時に近い状態を作れます

あ、ハンドバッグや紐の短いトートバッグは、片手が絶対に塞がってしまうので持っていません。
両手をなるべくフリーにしておきたいもので……。

基本スタイル:ミニショルダー+肩掛けバッグ

ミニショルダーのイメージ

斜めがけできる長さが基本。
上着を着ていても余裕で肩にかけられて、物を取り出しやすい長さでないと使いにくいです。

マジックテープできっちりフタをするタイプや、縦が長く、途中で折り曲げられるタイプのものは、私には合いませんでした。

 

わかりにくいですがこういうタイプです。

肩掛けバッグのイメージ(主に通勤タイプ)

この画像並みの紐の長さが基本。

肩にひっかけたらいっぱいいっぱいな長さのものは使いにくい……。
物を取り出す時、「肩からずらす」というワンアクションが必要なためです(どんだけものぐさなんだ)。

内側にいくつかポケットがあると、さらにいいですね。
長方形なバッグだとなおよしです。
縦に長すぎると、上から覗いたときに「何がどこにあるのか」が把握しづらいです。

これなんかいいですね。中に仕切りもあるし、いっぱい入れても迷子にならずにすみそうです。

アウトドア時:ウエストポーチ(バッグ)+リュック

いかに両手をフリーにしておけるかが大事!
カメラ持ったりスマホ持ったり、いろいろと仕事がありますからね。

ウエストポーチ(バッグ)

色は異なりますが、以前使っていたウエストバッグです。
(デザインによりますが)どんな服にも合わせやすく、「ことりっぷ」などの小冊子が入ってしまうくらいの大きさだったのでめっちゃ便利でした。

今は、以下のウエストポーチに買い換えました。

リュック

持っているリュックのひとつです。
買い物・旅行に行く時の荷物入れとしてよく使います。

不要な時は畳んでおけて、必要になったら広げてリュックサックに早変わり。
ショッピングバッグのように使えてとても便利。

今は、このバッグは買い物オンリーで使っています。
現在よく使っているのは、以下のリュックです。

レビューも書きました。

関連記事
【メインでもサブでも】THE NORTH FACEのフライウェイトリーコンリュックの使い勝手やよし!

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ:以下、関連しそうな記事です

「どういうやつが使いやすいかなー」って追求しだしたら止まらないジャンルのひとつだと思います。ある意味怖いw

関連記事
Karrimor・VT ショルダー Mは理想のショルダーバッグ! 使いやすさMAXです

続きを見る

ショルダーバッグも、ずっと「これだ!」と思う物を追い求めていたんですがついに出会えました。
1年使い続けたレポをまとめています。

関連記事
旅行やハイキングにおすすめ! 持っているサブのカバン3つを紹介していく

続きを見る

持っているサブバッグ3つについて、半年以上使い続けた感想を書いています。
3つ使い分けている理由はもちろんあるんですが、アウトドア寄りな内容になっています^^;

関連記事
【大事なのは身軽さ】荷物を極力減らして旅行を楽しもう!

続きを見る

こちらは旅行時の基本的なバッグ構成を書いたものです。
1泊〜2泊の旅行で、持っていくバッグにお悩みの方の手助けになるかも?

Ayumu Michino

道乃歩みちのあゆむと申します。
創作と写真と一人時間をこよなく愛する人。

OFUSEで応援する

この記事をシェアする▼

-買ったもの
-