!ただいまブログ改装作業中!

一部、表示の乱れている箇所などございますが、ご了承くださいませ。

ギア・道具

折りたたみ自転車が欲しくて目下悩み中です

AyumuMichino

前から欲しかったのですが、このご時世になってますます物欲センサーびんびんになってしまった折りたたみ自転車。

現時点で狙いをつけている自転車をまとめてみました。

移動時間を削減したいと思ったのがきっかけ

スポンサーリンク

元々、歩くこと自体は好きです。

カメラを持って、例えばハイキングコースをぽてぽて歩いて気になったものを撮る。
それが基本スタイルです。

でも、「移動時間>観光する時間」が増えてきたのも事実でした。

ちなみに必要と感じた時以外、バスは利用していません。1
車酔うんですよね私orz
それも移動時間が増える原因だったり……。

あと、予定に入れていなかった「ここに立ち寄ってみたい」が気軽にできるのも折りたたみ自転車の魅力だと思います。

最優先は持ち運びのしやすさ

値段の問題も(大いに)あるのですが、それ以上に大事なポイントが持ち運びのしやすさです。

車の免許を持っていないので、移動はもっぱら公共交通機関です。
一番使うのが電車だから、「輪行」の2文字はどうしたって付きまといます。

自転車以外にも荷物は当然あるし、私の場合はカメラが必須の持ち物なので……

  • なるべく軽く
  • 折りたたんだ時のサイズがコンパクト

この2点が重要になってきます。

難点は、こうなると選択肢がかなり狭くなるっぽいということ😅

絞り込んだのは3メーカー

この記事を執筆している時点で試乗に行けていないので、ウェブ+雑誌を眺めただけの結果です。

CARACLE-Sシリーズ

参考リンク:CARACLE-S rev.4 (20インチHE406)

第1候補です。

値段は高いものの、重さ・折りたたみサイズどれも完璧。

上のリンク先や動画にあるスポーツタイプではなく、標準タイプだと2万ほど値段が下がります。

ネックは、本格発売が2021年秋以降なこと。
それまで待てるかな……w

一応、夏に40台限定で先行販売(スポーツタイプのみ)するみたいなんですけど、絶対予約できなさそう。

DAHON Curl i4(カール i4)

参考リンク:Curl i4(カール i4)| DAHON International - ダホンインターナショナル公式サイト

折りたたみサイズが、後ほど紹介するブロンプトンとほぼ同じでコンパクトです。

(0:46辺りに折りたたんだ状態の映像があります)

値段も、上のCARACLE-Sシリーズよりちょっと安い。
ただ、重さが約13kgなのが気になります。

DAHONは値段の幅とモデルが豊富で、初心者に優しい印象です。
折りたたみサイズの問題さえなかったら、このメーカーから選んでいたかもしれません。2

BROMPTON

参考リンク:BIKES | BROMPTON(ブロンプトン)

折りたたみ自転車と言えば、のメーカーだそうで。

ウェブで参考にしたサイトの多くも、このメーカーを愛用していました。
友達も、愛好家が最終的に行き着くメーカーだと言っていました。

確かに折りたたみサイズが本当に素晴らしいです。
いろんなメーカーを見比べましたが、ここまでコンパクトなのは本当にありません。

(0:32辺りに折りたたんだ状態の映像があります)

あと、折りたたみ方も慣れると簡単そうですし。
他の動画で「パパっ!」という擬音が似合うスピードで畳んでいて、とっても驚きました。

ただ……ただ、値段がすげー高いです。。
20万越えがデフォルトなんですもの。

上で挙げたもの含めていろいろ乗り比べてみて、これが一番! ってなった時はもう運命だね、みたいな、ある意味諦めの気持ちでいますw

簡単に表でまとめてみた

この4項目だけでも、結構差があるのがわかります。
やっぱりCARACLEかなぁ……私の用途とぴったり一致している気がします。

スポンサーリンク

まとめ:わりと死活問題です

自宅から最寄り駅まで行く・用事で出かける時など、今は家族の自転車借りてる状況なんですよね。
一応数年前に買ったものはあるんですけど、もうボロボロで見るに堪えない状態でして。

そんな状態だから早めに欲しかったりします。

とりあえずは試乗に行かねばなりませんね。

↓参考にした雑誌です。主要なメーカーが網羅されていて、初心者ほど参考になります。

  1. 徒歩1時間の距離でも、歩けるなら歩いてしまうほど
  2. 折りたたみサイズが、縦横共に65cm以上のものが多い

-ギア・道具

© 2016 - 2021 星空と虹の橋のあしあと.