旧・Apple Music公式埋め込み視聴プレーヤーを求めて…試行錯誤、解決

旧・Apple Music公式埋め込み視聴プレーヤーを求めて…試行錯誤、解決

Google先生に尋ねてもそれらしい情報はヒットせず、もしかしてこう思ってるのって私だけ? となりながら何とかならんもんかと足掻いた結果、とりあえず解決しました。

いつまでこの方法が有効かはわかりません。が、同じ悩みをお持ちの方がもしいたら、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

旧・埋め込み視聴プレーヤーと新・埋め込み視聴プレーヤーの違い

まず、Apple MusicとiTunesストアの違いについて。

Apple Music:月額980円で音楽が聴き放題のサービス
iTunesストア:音楽データを購入できるサービス

この違いを踏まえた上で、書き進めていきます。

「この曲をブログで紹介したい! ちょこっとでも試聴できたらなお嬉しい!」という場合、アップルで提供されている「Apple Musicマーケティングツール」を使えば簡単に実現できるようになりました。
もちろん、iTunesストアに公開されている音楽限定です。

リリースされた当初は、以下のようなデザインでした。
※違いがわかるように、同じ曲でご紹介させていただきます。

それが、いつの間にか以下のようなデザインに変わっていました。

Apple Musicを利用していないのでサインインしている状態での確認ができませんが、何が変わっているかわかるかと思います。

ずばり、試聴ができなくなっているのです!

曲名をタップ or クリックして曲の詳細ページに移動すればできます、できますが……
ブログ上でさくっと聴けたら嬉しいですよね? ね?

なぜ旧・プレーヤーで直接視聴できる曲が新・プレーヤーではできないのか

あくまで予想ですが、Apple MusicサービスとiTunesストアで提供されている曲に差分があるからではないでしょうか。
iTunesストアにはあるけれどApple Musicにはまだない、ということです。

その理由なら、「この曲はまだリリースされていません」の文字の意味も納得できます。

宇多田ヒカルの曲が新・プレーヤーで視聴可能だったので貼り付けてみましたが、曲の詳細ページに行くと、

先に紹介した『スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)』の場合
→「iTUnesプレビュー」と表示
『誓い』の場合
→「Apple Musicプレビュー」と表示

というように違いがあることも理由です。

iTunesストアもApple Musicも、サービス提供元はアップルでも違うサービスなんだと理解していないとややこしいですね。。

スポンサーリンク

旧・埋め込み視聴プレーヤーを使うには?

長くなりましたが、本題です。

旧・視聴プレーヤーのタグを控える

<iframe src="https://tools.applemusic.com/embed/v1/song/1082731297?country=jp&at=アフィリエイトID" height="110px" width="100%" frameborder="0"></iframe>

ここの、

https://tools.applemusic.com/embed/v1/song/

以降にある数字9桁が大事な部分です。

次に、iTunesストアにある音楽のリンクを取得するのですが、方法が2つあります。

iTunesストアを利用する
Apple Musicマーケティングツールを利用する

音楽リンク取得・iTunesストアを利用する

iTunesストア・ミュージックにアクセスします。要:iTunesアプリ

Photo Embed by Google Photos

視聴したい音楽を表示したら、「価格」の横にある「」をクリックし、「リンクをコピー」をクリックします。

音楽リンク取得・Apple Musicマーケティングツールを利用

Apple Musicマーケティングツールにアクセスし、目的の音楽ページを表示します。

Photo Embed by Google Photos

表示したら、グレーの枠内の右下にある「」をクリックします。

Photo Embed by Google Photos

「リンクをコピー」をクリックします。

取得した音楽リンクから、数字9桁をコピーする

取得した音楽リンクは、以下のようになっています。

https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88-skipped-beat/1082731294?i=1082731297

リンクの最後に怪しい数字の羅列が2箇所ありますね。
必要なのは、「i=数字9桁」の方です。こちらをコピーします。

旧・視聴プレーヤーのタグに、コピーした数字9桁を貼り付け

先ほど控えておいた旧・視聴プレーヤーのタグに、

https://tools.applemusic.com/embed/v1/song/

以降の数字9桁の部分に貼り付けます。
これで完成です!

宇多田ヒカルの曲を旧・視聴プレーヤーで表示してみました。ね、簡単でしょ?

アルバムもできます

アルバムの視聴プレーヤーも同じ要領でできます。

<iframe src="https://tools.applemusic.com/embed/v1/album/1082731294?country=jp" height="500px" width="100%" frameborder="0"></iframe>

これがアルバム版の旧・視聴プレーヤータグです。

https://itunes.apple.com/jp/album/skipped-beat-single/1082731294

アルバムの音楽リンクはこの通り。数字9桁が一箇所しかないので、曲単体よりも簡単ですね。
こちらを置き換えればOKです。

まとめと番外編:Amazon Musicを利用する

番外編ですが、Amazonプライム会員 or Unlimited会員(こちらは私の予想)であれば、AmazonMusicでも視聴プレーヤーが使えます。

デザインにこだわりがなければ、代わりとして使えなくはない……かもしれません。
プライム会員版のAmazonMusicの品揃えは、iTunesストアにはどうしたって敵いませんからね。。

Apple Musicをもっと世に広めたい! ってことなのかもしれないですが、古い方のタグも使えるように残しておいてほしかったです。
音楽データを買いたい人はまだまだ(ここに)いるんですよ!

0
スポンサーリンク
シェアいただくととっても励みになります!