【入口・1階編】現代の九龍城砦ことウェアハウス川崎に行ってきた!

【入口・1階編】現代の九龍城砦ことウェアハウス川崎に行ってきた!

今月の17日(2019年11月17日)をもって閉店するというゲームセンター「ウェアハウス川崎」。
それまでそんなゲーセンがあるということすら知らなかった私は、内装を見るなり衝撃を受けました。

これは行くしかない……!

運よく2回行く機会がありまして、できる限り写真に収めてまいりました。

映えとか気にせず撮ったので、クオリティはお察しくださいw
あと、1回目2回目ごっちゃに載せてます。

スポンサーリンク

場所

JR川崎駅からちょっと歩きます。線路沿いで比較的わかりやすい道なのに、ちょっと迷いかけたのは内緒w

写真:入口~1階

建物の外観です。ウェアハウスの「ス」だけ明かりが灯っておりません。
狙ってそうしてるのかも。

玄関からしてこの禍々しさです。ドキドキしますね!
というかとにかく人がいっぱいでした。みんな私みたいに、ネットの情報を見て来たのかな?

入口くぐってすぐの通路です。ゲーセンってたまに行きますけど、人で埋まっている光景はそうそうなかった気がします。
「有限公司」ってのはよく見る中国語ですね。

通路沿いにある窓硝子の様子。怪しい匂いぷんぷん。
その向こうでは一体何が行われているのやら……。

スポンサーリンク

ポスターも広告も、意味はわからずとも受け入れたり信じちゃダメとわかる類いのものばかり。
ちなみに他の階でもところどころに貼られています。

エレベーター。異世界に連れて行かれそう。
というか、文字だけ見るとエレベーターとは思えないですねw

駐車場に続く通路です。外とここの雰囲気の差を一番に感じられる場所かもしれないです。

「出口はこちら」の案内と、付近にあった「大金龍」の文字。入口と出口が違うのもまたいいなーって思います。

2階以降はまた次回!

1階だけで結構な写真の数になってしまったので、続きは改めてまとめたいと思います。
この写真の枚数で、私の興奮度が少しでも伝わってくだされば幸いですw

0
スポンサーリンク